ファッション・アパレル業界専門の新卒就職サポート ブランドキャリアジュニア

Brand-CareerJブランドキャリアジュニア

新規会員登録

  1. Top
  2. 【ファッション業界のお仕事】マーチャンダイザー(MD)編

【ファッション業界のお仕事】マーチャンダイザー(MD)編

%e6%a5%ad%e7%95%8c%e3%81%ae%e3%82%b7%e3%82%b4%e3%83%882

企画~生産~販促~売上 総合的に支えるMD

アパレルのマーチャンダイザー(MD)は、アパレルメーカーや百貨店などで、商品企画や販売計画、予算管理や売上の戦略作りなど、ブランドの売上を総合的に担うお仕事です。 売上のデータを分析し、次のシーズンで何を作るかを企画したり、今売れていないものをどうやって売るか戦略を考えたり、他社の競合ブランドの情報を集めたりと、その仕事内容は多岐に渡ります。

 

多岐にわたるマーチャンダイザー(MD)の仕事

具体的には、新商品の開発を行うために、市場調査を行い売り上げの動向をチェック、収集したデータを分析して商品の仕入数量や価格を設定し、販売方法やその時期を考慮した上で消費者のニーズに沿った商品の開発計画を企画・提案していきます。商品開発後には、売り上げアップを狙う販売促進活動を行い、宣伝広告の企画やフェア等の企画・開催、売り場の構成・VMDの提案といった業務を行います。

また、市場マーケティング・分析、自社商品のシーズンコンセプトの設定、商品構成/素材/デザインなどの計画決定、商品プロデュースの一環としての展示会企画・運営、営業及び他セクションに対するネゴシエーション/プレゼンテーション、デザイナー及びパタンナーの統括など商品開発に関わる業務と数値的コントロールを行う業務があります。ときには、商品を仕入れるバイヤーのような仕事や、広告制作や商品の売り出しに関する企画をすることもあります。必要なのは消費者のニーズを見極めるセンスや、企画、販売、流通をトータルに把握できる経営感覚といえます。

 

求められる能力とは

・企業方針に合う商品をディレクションする力
・市場分析力
・失敗と成功を分析する力
・ファッション業界の中での人脈、ネットワーク
・スケジュール管理能力
・物流や財務の知識

商品開発から販売計画、予算管理などを行う中で、消費者ニーズを見極めるセンスや企画、販売、流通をトータルに把握できる経営センスがカギとなります。未経験での募集は多くないため、マーチャンダイザーになるには、まずは販売スタッフとして商品知識・販促方法・マーケットニーズ・店舗の数字管理等の総合的な感覚を身に付けていくことをおすすめします。

%e4%bc%9a%e5%93%a1%e7%99%bb%e9%8c%b2%e3%83%9c%e3%82%bf%e3%83%b31top%e3%83%9c%e3%82%bf%e3%83%b3

ファッション・アパレル業界専門の新卒就職サポートブランドキャリアジュニア

新規無料会員登録 ログイン

ブランドキャリアジュニアは、ファッション・アパレル業界を目指す学生に役立つ情報を発信しています。 会員登録すると、企業エントリーが円滑になり、業界研究や就活に役立つ最新情報をみることができます。 また、ファッション・アパレル合同就職セミナー(無料)を優先的にご案内!

登録はかんたん、わずか60秒! ぜひ ご登録ください。

PAGEUP