ファッション・アパレル業界専門の新卒就職サポート ブランドキャリアジュニア

Brand-CareerJブランドキャリアジュニア

新規会員登録

  1. Top
  2. 日本(国内)ブランドと海外ブランドの違いとは?

日本(国内)ブランドと海外ブランドの違いとは?

re_gazo

日本(国内)ブランドと海外ブランドでは、組織形態や職種に大きな違いがあるのは、皆さんご存知でしょうか。

アパレルブランドには、ドメスティックと呼ばれる国内で企画された『日本(国内)ブランド』と、海外を発祥とし日本に進出してきた『海外ブランド』が存在します。

同じファッション企業であっても、日本と海外では『商品をつくり出す』という生産過程で大きく形態が異なります。また、その生産過程が異なると、職種や求められる人材などの企業体制も大きく異なってきます。

◆海外ブランド

いわゆる、外資系(ジャパン社)と言われますが、すべて海外から商品を輸入し、販売をしています。つまり、ものづくりの職種はありません。日本で商品企画をすることはとてもめずらしく、デザイン・生産の拠点は海外に設置かれ、全てがそこで決定されています。また、外国からのお客様が多いのはもちろんですが、外資系企業ですので、社内でも英語を必要とします。必要とされる能力も、日本(国内)ブランドとは大きく異なります。

例:エルメス・グッチ・ルイヴィトンなどのラグジュアリーブランド、ZARAやH&Mなどのファストブランド

◆日本(国内)ブランド

日本のアパレルブランドの多くは、商品の企画・生産・販売を一貫しておこなっていて、国内・自社でものづくりをしています。つまり、日本(国内)ブランドには、デザイナー、パタンナーといったものをつくる職種があります。ものづくりを国内で行っているため、お客様や店舗スタッフからの声や意見が会社内部にまで吸い上げられ、そのままものづくりに反映されることが多くなります。

%e6%b5%b7%e5%a4%96%e3%83%95%e3%82%a1%e3%83%83%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%b3%e3%81%a8%e5%9b%bd%e5%86%85%e3%83%95%e3%82%a1%e3%83%83%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%b3%e3%81%ae%e9%81%95%e3%81%84%e3%81%a8%e3%81%af

このように、同じファッション企業であっても、会社の形態・職種・求められる人材は様々です。好きなブランドで働きたい!という気持ちで就職活動をはじめていくことはとても大切なことではありますが、会社の形態や職種、雰囲気は様々ですので、自分に本当に合っている企業なのか、やりたいことがある企業なのかをしっかり見極めて、就職活動を進めていきましょう!!

 

 

ファッション・アパレル業界専門の新卒就職サポートブランドキャリアジュニア

新規無料会員登録 ログイン

ブランドキャリアジュニアは、ファッション・アパレル業界を目指す学生に役立つ情報を発信しています。 会員登録すると、企業エントリーが円滑になり、業界研究や就活に役立つ最新情報をみることができます。 また、ファッション・アパレル合同就職セミナー(無料)を優先的にご案内!

登録はかんたん、わずか60秒! ぜひ ご登録ください。

PAGEUP