ファッション・アパレル業界専門の新卒就職サポート ブランドキャリアジュニア

Brand-CareerJブランドキャリアジュニア

新規会員登録

  1. Top
  2. 【応援メッセージリレー:第0回】 ~はじめに~ BCJスタッフの就活体験談&メッセージ

【応援メッセージリレー:第0回】 ~はじめに~ BCJスタッフの就活体験談&メッセージ

top

こんにちは。BCJスタッフのUと申します。
3月から就職活動が本格的にスタートしましたが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で企業の採用活動が延期や中止が多くなり、皆さんの不安も大きくなるばかりなのではないでしょうか。

私も9年前のちょうどこの時期、就職活動をしていました。説明会・選考会のピークを迎えようとしていたとき、3月11日の東日本大震災が発生しました。東京にいたとはいえ、未曾有の大事態で日常生活とかけ離れた異様な雰囲気。そして、世は自粛モード。就職においては企業の内定取り消し、採用活動の延期・中止・縮小が相次いで、将来にとても不安な日々を過ごしていたのを覚えています。被災者を多く出した東日本大震災と、現在起こっている新型コロナウイルス感染の拡大とは事態が大きく異なりますが、当時の私と同じように、就活の不安、将来への不透明さを多くの皆さんが同じように感じているのではないかと思っています。

そんなイレギュラーな事態を同じように過ごし乗り越えた先輩の一人として、
そして、学生の皆さんの就職活動を応援する社会人の一人として、少なからず参考になればと思い、当時の自分を振り返りながら、皆さんへ就職活動のアドバイスを送りたいと思います。

以下、ブログ調になってしまうことをお許しください。

就活をしていた大学3年生当時を思い返してみると、就活の進め方が本当に下手だったなぁとしみじみ感じます。
当時、就活に苦戦をしていた中で、未曾有の事態の発生と重なり、就職先がなかなか決まらなくてとても悩んでいたんです。それでも、あきらめずに就活を続けてなんとか就職先を決めることができたのですが、当時の自分にアドバイスを送るとしたら、どんな言葉を送るだろうか。当時と今起こっている状況と重ね合わせ、ふと考えてみました。

当時の自分にアドバイスを送るのならば、
 社会はとても広い!選択肢を広げよう!
 自分が取り組んでいたことに自信を持って!
 失敗なんて当たり前!場数を踏むことが大切!
 自分は自分というマインドを持とう!
この4つのメッセージに限ると思います。
今、就職活動に苦戦している学生はもちろん、訳が分からず就活をしている方、投げやりに就活をしてしまっている方は特に私からの4つのアドバイスを受け取ってほしいと思います。

社会はとても広い!選択肢を広げよう!
当時、私はファッション業界か、一般企業(自分が興味ある企業)に就職したいと考えていました。
なぜ、そう考えたのか。当日の自分を思い返しても、よく分かりません。
ファッション業界へは、洋服がすきだったのと、当時アルバイトをしていたカフェでの接客経験からファッション販売への就職に興味を持っていました。あとは、それ以外で自分が楽しそうだなと感じた業界・企業を受けてみようと、そんな風に適当に考えながら就職活動をしていました。今思い返せば、まったく「業界・企業研究」をしていなかったなあと。いかに「業界・企業研究」が大事なことなのかを当時の自分に強く言いたい・・・
「業界・企業研究」をせず、自分が生きてきた小さな範囲の中で、将来への選択肢を決めてしまったお陰で、働く世界をとても狭く捉えて就活をしていたと感じています。業界・業種というのは本当に様々で、知れば知るほど、自分の価値観や人生の選択肢が広がるので、将来への可能性も夢もぐーんと広げることができるんです。だから、インターンシップの参加はとても有効。1Dayなどの気軽に参加できるものも多くなっているので、絶対に参加してみたほうがよいと思います。
こうした「業界・企業研究」していくことで、自分が働いている姿を想像できる企業に出会えたり、知らなかった業界に興味を持ったり、興味を持っていた業界を更に好きになったり、自然と自分の将来のことを想像することができるはず。こうした知識の幅を広げると、自然と将来が楽しみに感じられて、就活も楽しくなると思います。

自分が取り組んでいたことに自信を持って!
面接をすると必ず聞かれるのが、自己PRや学生時代に頑張ってきたこと。当時の私は、バイトやゼミを一生懸命頑張っていて、自分をアピールする材料としては十分に持っていたはずなのに、自信が全く持てなかったんです。かなり自己肯定感が低め(笑) なぜ?と考えたとき、当時の自分に助言をするならば「周りを意識しすぎ」という一言に尽きます。周りの就活生はもっとすごい経験をしているんだろうな。そんな風に感じていたんです。今思うと本当につまらないことを考えていたなあと。学生時代の経験というのは、みんなそう大差はなくって、大事なのは、いかに自分が経験してきたことに“自信が持てるか”。自信があると自然に自分のことを話したいと思うことができるはずなんです。面接での質問に、自信を持って応えられる人、そうではない人の差って面接官から見たら圧倒的な差に見えてしまいます。周りと自分の経験値を比べることはNG!小さなことであっても自信を持っていて、ポジティブに語れる人ほど魅力的に感じるものです。緊張していると萎縮してしまうと思いますが、経験したことはもちろん、質問されたことに対して何事も自信を持って応える姿勢が大切なのです。

失敗なんて当たり前!場数を踏むことが大切!
②でもお伝えしたように、自己肯定感低めの私にとって、面接が大の苦手だったんです。これは、周りの人と比べてしまうところに通ずるところ。緊張して萎縮して苦手意識を持っていたんです。でもやっぱり克服するためには、人前で話すことや、緊張する空間に場慣れること。そして、失敗しても落ち込むのではなく、次はうまくできるように!と前向きに捉えることが大切だと社会人になった今、とてもそう感じます。現在の仕事では、多くの人の前に立って話をすることや、会議で発言することも当たり前になっていて、当時の自分からしたら信じられないことを今は普通にこなしているのです。でも、やっぱり普通のレベルに行き着くのには、失敗や間違いを繰り返してきたからこそであって。そして、その失敗や間違いを笑う人はほとんどいないということに気がついたからできる様になったんです。失敗は当たり前。場数を踏むことで慣れてうまく面接ができるようになることはもちろんですが、何よりも経験値を積むことができるので、人間的にも成長できるチャンスだと考えましょう!

自分は自分というマインドを持とう!
なかなか就職先が決まらなかった自分にとって、周りの友人たちの内定状況にはとても神経質になりました。やっぱりどうしても気になるし、焦る気持ちも大きくなりました。あきらめずに就活を続けて内定をもらうことができたのですが、そこがゴールではないということを当時の自分に伝えたい。焦る気持ちで就活をしていても、自分のやりたいことや目標がもてる企業、自分らしく楽しく働くことができる企業でなければ意味がないのです。周りの状況にうらやましくなることもあるかも知れません。しかし、焦る気持ちをグッとこらえて自分と向き合ったとき、
早く就職先を決めることが重要なのではなく、納得のいく就職先を見つけることが重要なんです。就活がスケジュールに通りに運ばない今、不安が増えていく一方だと思いますが、周りの状況には惑わされず、「自分は自分」として考えられることで「自分らしく」働くことができる未来が待っています。自分の信念を持って、就活に取り組んでほしいと思います。

非常に長々と語ってしまいましたが、要は「どんな状況をもポジティブに捉え自分らしく」ということなんです。大変な事態の中の就職活動はとても大変なこと。しかし、決して自分一人、自分だけが抱えている不安ではありません。困難があったとしても、そして、わたしの様に就活に大苦戦していたとしても、何年後かには、こうして社会人として一生懸命働いていて、学生に向けて堂々と当時の自分の就活について語ることができているのです。失敗や困難にぶつかること、落ち込むことは当然あると思います。そんな壁も乗り越えれば明るい未来は必ずあります。私たちが、経験談を語ることやアドバイスが送ることによって少しでも就活生の皆さんの悩みや不安が解消されますように・・・BCJのコンテンツ『応援メッセージリレー』と題して、ファッション業界で活躍する先輩方にアドバイスの“バトン”をつないでいきます!

以上、『応援メッセージリレー』のまえがきでした。次回からファッション業界で活躍する先輩方にインタビューをしていきながら、就活生の皆さんにメッセージを送っていただきます!

次回のバトン走者をお楽しみに!

%e4%bc%9a%e5%93%a1%e7%99%bb%e9%8c%b2%e3%83%9c%e3%82%bf%e3%83%b31top%e3%83%9c%e3%82%bf%e3%83%b3

ファッション・アパレル業界専門の新卒就職サポートブランドキャリアジュニア

新規無料会員登録 ログイン

ブランドキャリアジュニアは、ファッション・アパレル業界を目指す学生に役立つ情報を発信しています。 会員登録すると、企業エントリーが円滑になり、業界研究や就活に役立つ最新情報をみることができます。 また、ファッション・アパレル合同就職セミナー(無料)を優先的にご案内!

登録はかんたん、わずか60秒! ぜひ ご登録ください。

PAGEUP