ファッション・アパレル業界専門の新卒就職サポート ブランドキャリアジュニア

Brand-CareerJブランドキャリアジュニア

新規会員登録

  1. Top
  2. 【ピンチはチャンスだ!】まさに今でしょ!選考時のファッションを考えよう!

【ピンチはチャンスだ!】まさに今でしょ!選考時のファッションを考えよう!

top

ファッション・アパレル業界での就職活動では、とにかく「私服」を問われることが多いのが特徴。
エントリーシートで「自分のお気に入りのコーディネート」や「自分らしさを表現したコーディネート」といったコーディネートが問われたり、会社説明会や選考の場では「自分らしい服装・私服」で来るように指定されることがほとんどです。毎回毎回、選考時のコーディネートには悩んでしまうことが多いのではないでしょうか。新型コロナウイルス感染拡大の影響で、外に出て就職活動が進めることができない状況にはありますが、この時期に、選考時に必要なコーディネートを考えてみるのはいかがでしょうか?
都道府県によって対応は異なりますが、学校が休校になったり、STAY HOMEといわれている今、自分の時間が多く取れる時間でもあります。ファッション雑誌などを活用して、選考時のコーディネートパターンをじっくりと考えてみましょう!

まずは基本として、一般企業の場合はリクルートスーツが通常ですが、ファッション業界の場合は「リクルートスーツ以外の服装」「私服可」「ご自身らしい服装」という案内がよくあります。この案内が着たら、「私服」で会社説明会や選考へ行きましょう!なぜ、ファッション業界の就職活動では、私服でいる必要があるのでしょうか?
ファッション業界での就職を目指しているので、洋服が好き!ファッションが好き!というのは前提にあります。そして、自分らしさ・個性を表現するうえで、一番らしさがでるのは「洋服・ファッション」です。ファッションが好きな人が、リクルートスーツを着てしまっては、ファッションが好き、ファッション業界への就職の熱意が感じられないですよね?必ず選考へは私服で行くようにしましょう!
そして、ファッション企業の人事の方は、あなたのファッションセンスや印象をよく見ています。こう言われると構えてしまいますが、自分らしさ/自分が好きな服装に、選考を受ける企業のブランドの雰囲気と合わせられれば、問題はありません!また、そのブランドの洋服を必ず着用する必要はありませんので、テイスト・イメージを抑えコーディネートを考える必要があります。必ず選考を受ける際は、企業のブランドのテイストを事前に調べておくことが大切なのです。

 

ブランドのテイストはさまざま!ブランドイメージ・テイストをリサーチしよう!
企業人事は、あなたの内面性や印象を見て選考しますが、その他に、自社ブランドへの配属を考えてイメージとマッチするのか?を考えます。ブランドが好き!であればアピールするのも問題ありませんが、自身の雰囲気からブランドの配属を想像してもらえると採用に近づきます。
そこで、選考を受ける企業のブランドが掲載する雑誌や、企業のオンラインサイト、ファッションサイトを事前に見ておくことが重要です!しっかり研究しましょう!

【ワンポイント】ブランドコーデをリサーチするには?
会社HP・アプリ・オンラインショップから展開するブランドのテイストを見る!
⇒ブランドにはシーズンのイメージ写真が展開されますので、注目してみましょう!
⇒多くの企業ではオンラインショップやブランドアプリ等で、スタッフのコーディネートが紹介されています。スタッフのスタイリングを見て参考にするのもよいでしょう!
ブランドが掲載している雑誌を見る
⇒ブランドHPにプレスリリースをチェックすると掲載雑誌が見つけやすいです!
 雑誌に掲載しているとコラボ商品などトピック性のあるものが掲載されている場合があります!
ファッション通販サイトを見る
⇒ZOZOタウンやマガシークなどの通販サイトは、ブランド検索から商品を手軽に見ることができます。スタイリングも掲載されていますので、参考にできるでしょう!

重要なことは、必ずしも志望する企業のブランドを着用しなければいけないということはありません。そのブランドの雰囲気が近い格好であったり、雰囲気にマッチしていることが重要です。
あまりにもかけ離れたテイストの服装で行ってしまうと、
「本当にうちの企業で働きたいと思ってるのだろうか」
「うちの企業のブランドコンセプトを理解しているのだろうか」などと思われてしまいます。自分が受ける企業には、どんなブランドがあって、どのような雰囲気のブランドなのかを、しっかりと企業研究していきましょう!

 

ブランドの雰囲気やテイストを合わせるとは?
ブランドをリサーチしても、雰囲気が合わせられるような洋服を持ってない、どうしたらよいか分からない、と悩んでしまうと思います。まずは、ファッションにはさまざまなテイストがあります。
●カジュアル ●マニッシュ ●きれいめ ●ガーリー ●フェミニン ●スポーティー など、テイストに合わせてコーデを考えてみるのもよいでしょう!

例えば、
きれいめ ⇒ ヒールのあるシューズ、小ぶりのアクセサリーや時計などの小物使い、モノトーンにアクセントカラー
カジュアル ⇒ ヘアアレンジ、フラットシューズ、大ぶりのアクセサリー、Tシャツなどのカット素材
ガーリー ⇒ 白を基調にピンク・ミントグリーンのふんわりとしたカラーを取り入れる
フェミニン ⇒ ふわっとしたスカート、フィットしたトップス、スカーフ
選考を受ける企業の洋服を持っていなくても、自分が持っているアイテムで、ブランドのテイストに寄せることができますので、まずはクローゼットの中を見てみましょう!

 

見られている!という意識を持とう!
会社説明会行った際に、私服を指定されている意図を考えたことはありますか?つまりは、会社説明会であっても、参加してくれた学生を一人ひとりちゃんと見たい、覚えたいということなんです。
人事の方はしっかりと皆さんのことをチェックしていて、目に留まるようなコーディネートや、雰囲気を持った学生は、次の選考でも覚えていることがほとんどです。
社会人になって、ショップスタッフになってお客様に注目されるのと同じように、「見られている」ということを意識して行動するようにしましょう!

筆者個人的には、志望動機や自己PRと同じくらい、コーディネートはネックなポイントだと思っています。自身を持ったスタイリングができれば、自然と気分を上げることができるのが、ファッションの力であると思います!面接などの選考対策も大切ですが、選考当日のコーディネートも同じくらい重要になりますので、意識して取り組みましょう!

 

%e4%bc%9a%e5%93%a1%e7%99%bb%e9%8c%b2%e3%83%9c%e3%82%bf%e3%83%b31top%e3%83%9c%e3%82%bf%e3%83%b3

ファッション・アパレル業界専門の新卒就職サポートブランドキャリアジュニア

新規無料会員登録 ログイン

ブランドキャリアジュニアは、ファッション・アパレル業界を目指す学生に役立つ情報を発信しています。 会員登録すると、企業エントリーが円滑になり、業界研究や就活に役立つ最新情報をみることができます。 また、ファッション・アパレル合同就職セミナー(無料)を優先的にご案内!

登録はかんたん、わずか60秒! ぜひ ご登録ください。

PAGEUP