ファッション・アパレル業界専門の新卒就職サポート ブランドキャリアジュニア

Brand-CareerJブランドキャリアジュニア

新規会員登録

  1. Top
  2. 就活のススメ 一覧

就活のススメ 一覧

  • %e6%a5%ad%e7%95%8c%e3%81%ae%e3%82%b7%e3%82%b4%e3%83%882-2

    マーチャンダイザー編

    %e6%a5%ad%e7%95%8c%e3%81%ae%e3%82%b7%e3%82%b4%e3%83%882

    企画~生産~販促~売上 総合的に支えるマーチャンダイザー(MD)

    アパレルのマーチャンダイザー(MD)は、アパレルメーカーや百貨店などで、商品企画や販売計画、予算管理や売上の戦略作りなど、ブランドの売上を総合的に担うお仕事です。 売上のデータを分析し、次のシーズンで何を作るかを企画したり、今売れていないものをどうやって売るか戦略を考えたり、他社の競合ブランドの情報を集めたりと、その仕事内容は多岐に渡ります。

     

    マーチャンダイザー(MD)の仕事

    市場マーケティング・分析、自社商品のシーズンコンセプトの設定、商品構成/素材/デザインなどの計画決定、商品プロデュースの一環としての展示会企画・運営、営業及び他セクションに対するネゴシエーション/プレゼンテーション、デザイナー及びパタンナーの統括など商品開発に関わる業務と数値的コントロールを行う業務があります。ときには、商品を仕入れるバイヤーのような仕事や、広告制作や商品の売り出しに関する企画をすることもあります。必要なのは消費者のニーズを見極めるセンスや、企画、販売、流通をトータルに把握できる経営感覚といえます。

     

    求められる能力とは

    ・企業方針に合う商品をディレクションする力

    ・市場分析力

    ・失敗と成功を分析する力

    ・ファッション業界の中での人脈、ネットワーク

    ・スケジュール管理能力

    ・物流や財務の知識

    商品開発から販売計画、予算管理などを行う中で、消費者ニーズを見極めるセンスや企画、販売、流通をトータルに把握できる経営センスがカギとなります。未経験での募集は多くないため、マーチャンダイザーになるには、まずは販売スタッフとして商品知識・販促方法・マーケットニーズ・店舗の数字管理等の総合的な感覚を身に付けていくことをおすすめします。

  • %e5%b0%b1%e6%b4%bb%e3%81%ae%e3%82%b9%e3%82%b9%e3%83%a12-2

    プレス編

    %e5%b0%b1%e6%b4%bb%e3%81%ae%e3%82%b9%e3%82%b9%e3%83%a12-1

    プレスの仕事とは?

    プレスの仕事は、ブランドの広報・宣伝を担当し、商品やブランドイメージのPRや雑誌などに登場する機会も多い、いわばブランドの顔です。雑誌掲載やテレビ番組向けの商品選定や貸し出し、カタログやDM、広告の制作、マスコミからの取材や問い合わせの対応、ファッションショーやイベントの企画運営など、外部向けのPR全般を担当します。時には、PR担当者が雑誌等に登場して商品やブランドの紹介をするなど、大変華やかな側面もあり、とても人気のある職種です。

    一口にプレスといっても具体的にはどの業務に従事するかは企業によって異なります。広報と販促が分かれたセクションとして機能する場合もあります。
    プレスは商品あるいはブランドのイメージ戦略に関わる職務になるため、十分なブランドの理解を必要とし適切な対応が求められます。写真の選定や商品撮影の状況、適切な媒体の選定からプレスへのプレゼンテーション、掲載誌のチェック、関係部署との連携とネゴシエーション、店舗に向けての情報提供など、幅広い対応力が必要となります。

    プレスの仕事をこなすには何事にも積極的な姿勢やファッションセンス、トレンドを先読みする勘のよさなどが要求されます。つまり、いつもファッション業界だけでなく色んな部分で私たちが憧れる物を地道に作り上げていく事のできる人である事が必要です。ブランドを誰よりも理解し、どうやったらそのブランドが世間から注目を浴びるかを常日頃から考えることが大切になります。

     

    プレスに求められるスキル

    第一線で活躍しているプレスは、仕事力はもちろん、ホスピタリティ、立ち振る舞い、人柄等も素晴らしく、初対面でもインパクトを与えられる方が多いです。PR/プレスは、人付き合い(人脈力)、ファッションセンス、そして自身のパーソナリティもが重要視される仕事と言えます。

    プレスの仕事は、外部へ自社ブランド・商品をPRするのが仕事の為、人との関わりのうまさが最大のポイントとなります。人当たりよく、かつ物怖じせずに商品を雑誌等の媒体に出してもらえるような円滑なコミュニケーションをはかれる人がPR/プレスでは重宝されます。

    また、商品貸出しやカタログ・雑誌の記事の校正はとても細かく緻密さが要求されるので、細かいところに気がつくということも重要になってきます。

     

     

  • %e3%83%95%e3%82%a1%e3%83%83%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%b3%e3%82%a2%e3%83%89%e3%83%90%e3%82%a4%e3%82%b6%e3%83%bc%e5%b0%8f

    ファッションアドバイザー(販売スタッフ)編

    %e3%83%95%e3%82%a1%e3%83%83%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%b3%e3%82%a2%e3%83%89%e3%83%90%e3%82%a4%e3%82%b6%e3%83%bc

    ファッションアドバイザーの仕事とは?

    百貨店やアパレル専門店などのショップで、服飾品や雑貨を扱い、販売するのがファッションアドバイザーです。ファッションアドバイザーは、ショップに来店されたお客様一人一人に対して、お客様の好みやファッションスタイルに応じて、ファッションコーディネートのアドバイスや提案をして商品を販売する仕事です。

    ファッションアドバイザーの仕事のメインとしては、来店されたお客様の要望や個性に合った商品の提案を行ったり、トレンド、着こなし方、色彩感覚、コーディネートなどのアドバイスを行って商品の販売をする事ですが、店内に入ってもらう為の店舗のディスプレイや商品が見やすいような商品の陳列・レイアウト、買い物がしやすいようなお店の雰囲気作りなども大事な仕事です。

    また、接客・販売業務とは別に、商品在庫のチェック、棚卸業務、発注業務、一日の売上集計なども行う事で、商品の売れ筋や動向などのマーケティングリサーチも行います。さらに、お客さまが気持ちよく買い物ができるように、店内の清掃や商品の整理整頓も行い、ファッションアドバイザーの仕事は多岐に渡ります。

    ファッションアドバイザーに必要なスキル

    接客する上で、お客様との会話は必要不可欠です。性格的な面では、基本的に人とコミュニケーションをとることが好きな人・得意な人、お客様に嫌悪感を与えない言葉使いや立ち振る舞いが出来る事が最も重要です。いわゆる「おもてなし」の心を持ってお客様に接することが大切であると言われます。親身になってお客様とコミュニケーションをとることで、ニーズも確認ができるので、的確な商品のご提案に繋がります。

    また、販売には『売上』が伴ってきます。売上は、運営する全ての店舗のランキングや昨年ベースの対比をみるではなく、個人の売上目標やノルマがあるお店もあります。自分自身で売上を達成する事だけにとらわれず、スタッフ全員で目標達成やお店作りが出来るような、チームワークも大切となります。

    さらに、1つ1つの商品に対しての知識だけではなく、取り扱うブランド知識も備えておく必要があります。常に流行には敏感で、最新のトレンドを取り入れてお客様にアドバイスをする力も必要となります。
    店頭に立つということは、自分自身がそのブランドの広告塔になり、商品の良さや着こなし・コーディネートをアピールする場となります

    たとえそのブランドがお客様は好きで商品が魅力的であっても、ショップスタッフの着こなしがイマイチで、スタイリングが悪いと商品に魅力を感じてもらうことができません。やはり接客してくれたショップスタッフのスタイリングが素敵だと、お客様は「この洋服着たい!欲しい!」と言った感情が生まれるはずです。そのブランドの顔として、そのイメージに合わせて上手にスタイリングができているかが、ファッションアドバイザーには求められます。

    このようなスキルを磨いていくことで、自分の顧客ができたり、販売の実績を伸ばしていくことで、将来的には、店長・エリアマネージャーや専門的なMD・VMD・プレスといった道もキャリアアップの道も開けます。

     

    %e3%83%95%e3%82%a1%e3%83%83%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%b3%e3%82%a2%e3%83%89%e3%83%90%e3%82%a4%e3%82%b6%e3%83%bc%e4%b8%ad

    ファッションアドバイザーの魅力

    ■人との「つながり」も楽しめる仕事

    同じ店舗で長く働いていると、お客様と顔見知りになることもあり、接客がさらに面白くなります。そういった「お得意様」との出会い、人とのつながりがあることも、この仕事の魅力だといえます

    ■自身のファッションセンスがお客さまのキレイにつながる
    提案したコーディネートをお客様に気に入ってもらえた時の喜びはひとしお。自身がブランドの顔として、お客様を「オシャレ」に、そしてお店の売り上げにも貢献できる、やりがいのある仕事です。
    ■ステップアップしていくやりがい
    スキルを磨いていくと、店長、さらにエリアマネージャー、スーパーバイザーとしてキャリアアップできたり、企業によっては、プレスやマーチャンダイザーといった専門職への道に進むこともできます。
  • %e5%b0%b1%e6%b4%bb%e3%81%ae%e3%82%b9%e3%82%b9%e3%83%a1%e4%bc%9a%e8%a9%b1%e7%b7%a8%e5%b0%8f

    就活マナーの基本【言葉遣い編】

    %e5%b0%b1%e6%b4%bb%e3%81%ae%e3%82%b9%e3%82%b9%e3%83%a1%e4%bc%9a%e8%a9%b1%e7%b7%a8%e5%a4%a7

    言葉遣いは心遣い

    社会人になると、知らないでは済まされないのが「言葉遣い」です。学生時代のアルバイトで接客の経験があったとしても、特殊な使い方だったり、無意識に使っていた間違った言葉遣いの可能性もあります。
    ビジネスの世界では、敬語が重要になります。社会人になれば、仲の良い同僚であったとしても、職場では敬語を遣います。
    就職活動は社会人に向けての第一歩です。敬語をマスターしてスムーズなコミュニケーションが取れるように心がけていきましょう。

     

    正しい敬語の使い方

    敬語には、丁寧語・尊敬語・謙譲語があります。
    ■丁寧語
    ものの言い方を丁寧にして、相手を敬う言葉。
    「です」「ます」「ございます」や、文頭に「お」や「ご」を使います。
    ■尊敬語
    相手の動作や状態に敬意を表す言葉。
    普段の言葉に「○○れる、られる」や「お(ご)○○になる」を加えて尊敬語に直す場合と、「言う」を「おっしゃる」のように変化させる場合があります。
    ■謙譲語
    自分・自分の身内の動作や状態をへりくだって話すことによって、間接的に相手に敬意を表す言葉。
    自分の動作に「お(ご)○○する(いたす)」を加えて謙譲語に直す場合と、「言う」が「申し上げる」になるように変化させる場合があります。

    よく使う言葉の言い回し

    正しい敬語を使って、良い印象を与えましょう。
    大切なのは慣れることです。普段から正しい敬語を使うことを意識しましょう。
    ■わたし → わたくし
    ■わかりました → かしこまりました、承知いたしました
    ■知りません → 存じ上げません
    ■すみません → 申し訳ございません
    ■すみませんが → 恐れ入りますが
    ■相手の会社 → 御社
    ■誰ですか → どちらさまでしょうか
    ■ちょっと待ってください → 少々お待ちくださいませ

    敬語のポイントは「クッション言葉」

    用件を伝える際いきなり本題に入るのではなく、前に付け加えることでソフトなニュアンスになり、好印象を与える言葉を「クッション言葉」といいます。
    ■使う頻度が高いクッション言葉
    【お願いするとき】
    ・大変恐縮ですが
    ・恐れ入りますが
    ・よろしければ
    ・お手数をおかけしますが
    ・忙しいところ申し訳ございませんが
    【断るとき】
    ・せっかくですが
    ・申し上げにくいのですが
    ・誠に残念ですが
    ・大変恐縮ですが

     

    よくある敬語の失敗例

    ①誤)趣味は友達との旅行です。
     正)趣味は友人との旅行です。
    【ポイント】「友達」ではなく「友人」と言いましょう。「お父さん」「お母さん」はもちろん「父親」「母親」です。
     ②誤)旅行資金を貯めるために、コンビニでバイトしてます。
     正) 旅行資金を貯めるために、コンビニエンスストアでアルバイトをしています。
    【ポイント】略語には要注意です。

     ③誤)私的には○○だと思いました。
     正) わたくしとしましては○○だと思いました。
    【ポイント】若者言葉と言われるもので、正式な場には適しません。

    誤)私って○○じゃないですか~!
     正) 私は○○な性質ですので、
    【ポイント】「私って○○じゃないですか~」(語尾を上げる)という学生が結構いますが、この言い方は即アウトです。仲間内でしか通用しません。

    紹介したのはほんの一例です。「何気に」「ヤバイ」「ぶっちゃけ」などの若者言葉で失敗した例もあります。正式な場ではきちんとした敬語を使えるようにしましょう。

     

  • %e5%b0%b1%e6%b4%bb%e3%81%ae%e3%82%b9%e3%82%b9%e3%83%a1%e9%9b%bb%e8%a9%b1%e7%b7%a8%e5%b0%8f

    就活マナーの基本【電話編】

    %e5%b0%b1%e6%b4%bb%e3%81%ae%e3%82%b9%e3%82%b9%e3%83%a1%e9%9b%bb%e8%a9%b1%e7%b7%a8%e5%a4%a7

    電話でのやり取りで印象も変わる!?

    就職活動において、企業の方と選考・面接以外で直接コミュニケーションをとらなければいけないのが「電話」です。例えば、説明会の予約・日程変更や、面接日程の調整など、企業に電話をかける機会が多々あります。ビジネスマナーを知らずに家族や友人と話す感覚で電話をかけてしまうと、企業の方には不快感を与えてしまうことも考えられます。こうしたマナーは小さな部分ではありますが、企業側はしっかり見ています。つまり、選考の評価に大きく影響を与えてしまうということになります。また、逆に言えば、電話対応やマナーを知っていれば、評価も上がることにも繋がります。
    ないがしろにせず、恥をかかないためにも基本をしっかり押さえて、正しい企業への電話のかけ方、マナーを学んでいきましょう!

     

    電話をかける時間帯に気をつけましょう

    企業には忙しい時間帯があります。
    ■9時-11時(始業直後):前日からの引き続きの業務や当日の業務の打ち合わせ等の時間
    ■18時-20時(終業直前):業務の追い込みや、翌日の業務の打ち合わせ等の時間
    この時間帯は、どこの企業でもバタバタしているので電話をしないほうが無難です。また、電話に出られない時間帯もあります。 上記の時間に電話をして評価が下がることもありえるので、緊急の用件でない限りはこの時間帯を外して連絡するようにしましょう。

    ■12時-14時頃…昼食に出ていて不在にしている可能性があります
    ■夜20時以降…終業時刻なので帰社していることが多いです。また夜分に電話をかけるのはマナー違反です。
    ■休日・祝日…休日祝日はほとんどがお休み
    つまり、企業に電話をかける時間帯は平日の14時-18時がマナーとしても良い時間帯だと言えます。

     

    電話をかける前に準備しておきたいこと

    ■誰に電話するのかを事前に調べておく
    企業の電話番号は新卒採用の担当者に直接繋がるとは限りません。違う部署(人事部、新卒採用担当とは関係ない部署の社員)が電話に出たときのために、どの部署の誰に電話をしたいのかをできるだけ明確にしてはっきりと伝えられるようにしましょう。

    ■伝えたい内容を事前にまとめておく
    あらかじめ内容をまとめておかないと、相手は、あなたが何を伝えたいのかわかりません。
    たとえば、
    •話が長い、まとまっていない ⇒ 何が言いたかったのかな?
    •失礼な言葉遣い ⇒ この学生はきっと面接でもそういう受け答えをするだろう・・
    最悪の場合、「次の選考には呼びたくない」というような判断にもなりかねません。
    そうならないためにも、電話をするときは事前に内容をまとめてから、簡潔に伝えることを心がけましょう。

    ■静かな場所を見つけて電話をかける
    周りが騒がしいと、相手の声が聞こえづらく、また自分の声も相手に届きにくくなってしまいます。相手の言葉が聞き取れなかった時に、何度も何度も聞き返すのは、手間をかけてしまうので相手に迷惑をかけてしまうでしょう。
    まずは、静かな場所を見つけてから電話をかけること。もしくは、急いで電話をしなければならない場合には、少し時間を空けてから静かな場所で電話をするよう意識しましょう。

    ■メモの準備は必須!
    企業との電話の内容として、主に面接や選考の日程、選考の合否など重要事項が伝えられることがあります。その際に、企業の人との電話に緊張していて伝えられたことを忘れてしまった・・・ということも考えられます。
    電話するときには必ずメモの準備をして、言われた事をしっかりメモをしながら電話をするようにしましょう。

    企業の方に電話をかける

    まず最初に、自分の名前を名乗りましょう。
    「名乗る」ということは基本中の基本、電話のマナーです。しかし、意識していない学生がほとんどで、「名乗る」ことが出来ていない学生が非常に多いのが現状です。
    就職活動中に知らない番号や非通知設定の電話がかかってきた時は、企業からの電話だと考えてよいでしょう。
    また、こちらから電話をかける時も、いきなり用件から入るのではなく、
    「お世話になります。わたくし、●●大学の△△と申します。」
    と必ず名乗るようにしましょう。
    電話をかける時も受ける時も、まずは名前を言うことをくせづけましょう。

    会話中のマナー

    会話中は、聞き取りやすくハキハキとした声で話す意識をしましょう。声色は、話している相手に大きな印象を与えます。万が一、声が小さく、だらだらとした声を聞いたとしたら、どのような印象を受けるでしょうか?電話で話す時には、明るくはっきりと話す意識をしましょう。
    また、一番気になるところは、正しい敬語が使えているかどうかです。普段から無意識に使っている敬語が間違っている可能性や、意識をしていても間違った敬語を使ってしまうということも多く考えられます。正しい敬語を理解することや、シュミレーションしてみることもお勧めです。

    電話のパターン対応例

    ■電話を受ける場合
    学生:「はい、○○でございます。」
    企業:「私、●●商事の△△です。この度、一次選考を通過となりましたので、ご連絡いたしました」
    学生:「ありがとうございます!!」
    企業:「それでは次の面接の日時をお伝えいたします…」
     【POINT】名前を伝えることで話も早くなり、スムーズに会話を進めることが出来ます。

    ■電話に出られずかけ直す場合
    企業:「はい、○○商事です。」
    学生:「お忙しいところ失礼致します。私、●●大学の○○○と申します。先程お電話をいただいていたのですが、採用担当の△△様はいらっしゃいますでしょうか?」
    企業:「はい、△△ですね。少々お待ちください。」
    学生:「はい、お願いします。」
    採用担当:「お電話かわりました。△△です。」
    学生:「お忙しいところ失礼いたします。私、○○大学の○○と申します。先ほどお電話をいただいていたので折り返しご連絡致しました。…」
    【POINT】採用担当が電話を取り次いだ時にもう一度名前を言いましょう。

  • %e5%b0%b1%e6%b4%bb%e3%81%ae%e3%82%b9%e3%82%b9%e3%83%a11-2

    就活マナーの基本【メール編】

    %e5%b0%b1%e6%b4%bb%e3%81%ae%e3%82%b9%e3%82%b9%e3%83%a11-1

    企業への失敗のないメールの送り方

    「就職活動のメールを送りたいけど、書き方が全然分からない」「初めて企業にメールを送るけど失礼なところはないかな・・・」就職活動ではメールで企業とやり取りをしなければならない場面が多くあります。
    しかし、企業にメールを送ったことがない人は、何をどうやったらいいのか分からないのではないでしょうか。初めてメールをする方がほとんどだと思います。また、携帯以外のメールを使うのが初めてという人もいるはずです。

    就職活動で初めてメールを送るという人でも簡単に理解できるように、 例文を使ってメールの書き方やマナーを解説していきたいと思います。スムーズなメール対応を身につけましょう!

     

    メールを送る時間帯がカギ

    いくら完璧なメールを送っていても、時間帯などに注意を払っておかないと、マナーが悪いと思われてしまう可能性があります。基本的に送信時間は就業時間内にしましょう。具体的には、お問い合わせ時間の指定があれば、その時間内に送るというのが理想です。
    また、企業の人がメールを確認する時間としては、朝出勤してきた時、お昼を食べ終わった頃といわれています。企業の人の働いている時間を想定して送信するのもいいでしょう。

     

    %e5%b0%b1%e6%b4%bb%e3%81%ae%e3%82%b9%e3%82%b9%e3%83%a11-3

    メールの書き方のポイント

    【1】件名はコンパクトにまとめる
    よくやってしまいがちなのが、「件名なし」でメールを送ってしまうこと。
    企業の人は、多い人は1日に100通以上ものメールを受信する方もいるので、「件名」を見てメールの開封の優先度を判断します。つまり、「件名なし」で送ってしまったら、メールを見てもらえないということが十分に考えられるのです。
    「件名」は必須かつ内容はコンパクトに知らせることがカギとなります。
    ≪例≫「ES提出に関して(○○大学  名前)」
    「面接日程に関してお伺いします」
    「会社説明会のお礼(○○大学 名前)」
    メール本文に記した内容を簡潔にまとめ、所属校と氏名を書くのがポイント!

    【2】メール文頭は、まず誰宛のメールなのかを書く!
    宛名は「会社名・部署・名前・様」を書きましょう。
    ≪例≫

    ■株式会社○○○ 人事総務部 就職花子様
    ※(株)●●と略することはしないようにしましょう。
    株式会社○○○ 人事部 採用ご担当者様
    ※採用担当者宛の指定がある場合
    ■株式会社△△ 人事総務部 御中
    ※会社宛、会社の部署宛の組織宛「御中」を使います。

    【3】自己紹介は必須
    宛名を書いた後は、「自己紹介」をします。自分が何者なのかを必ず名乗りましょう。
    ≪例≫

    ■お世話になります。○○大学●●学部の新卒花子と申します。
    ■初めてメールをさせて頂きます。○○大学●●学部の就活太郎と申します。

    【4】本文はわかりやすく、きれいに
    メールの文面はわかりやすく伝える必要があります。しかし、文章を長くしてしまうと何を言っているのか解らない状況に陥り易いので、なるべくシンプルな文面を意識しましょう。また、メールの内容は相手に読みやすくしておくべきです。メールが読みやすければ、それだけ相手に本文の内容が伝わりやすくなります。
    ≪例≫
    株式会社○○○
    人事部採用担当○○様

    お世話になっております。
    ○○大学3年○○学部の新卒花子と申します。

    この度の採用面接にご対応頂きありがとうございました。
    これからも貴社に入社できるよう精進して参ります。
    何卒宜しくお願い致します。

    【5】最後は「署名」で締める
    氏名・学校名・住所・電話番号・携帯番号・メールアドレスを文章の最後に書くこと。
    署名を付けるか付けないかで、やり取りを行う企業の方に良い印象を与えられるでしょう。
    ≪例≫
    *********************************************
    ○○大学○○学部○○学科4年
    新卒 花子(しんそつ はなこ)
    〒123-4567
    ○○県○○市○○1-24-5
    TEL:090-1234-5678
    e-mail:abc-shinsotu@BCJ.com
    *********************************************
    このまま、書き換えて使うのも良いでしょう!

     

    【POINT】企業にメールをする際に気をつけたいこと

    ・メールを返信するときは必ず文面を残す
    ・企業からメールで連絡が来た場合は1日以内に返信する
    メール1通送るにも「相手への配慮」が必要となります。メールを受け取った相手が、次に動きやすいよう気遣いのあるメールを書いてみると可能性が広がるでしょう。

1 2 3 4

ファッション・アパレル業界専門の新卒就職サポートブランドキャリアジュニア

新規無料会員登録 ログイン

ブランドキャリアジュニアは、ファッション・アパレル業界を目指す学生に役立つ情報を発信しています。 会員登録すると、企業エントリーが円滑になり、業界研究や就活に役立つ最新情報をみることができます。 また、ファッション・アパレル合同就職セミナー(無料)を優先的にご案内!

登録はかんたん、わずか60秒! ぜひ ご登録ください。

PAGEUP